家電

バルミューダのケトルをレビュー!スイッチから水漏れコレって故障?

バルミューダ ケトル アイキャッチ画像
バルミューダ ケトル アイキャッチ画像
ぽじぱぱ
ぽじぱぱ
ぽじぱぱです、この記事では毎朝の必需品
電気ケトルをレビューします

我が家で毎朝に活躍してくれてるのは
バルミューダのケトルで正式名称は

BALMUDA The Potです

 

結論
  • 1番の良さはコーヒーを淹れる時の注ぎやすさです、コーヒーが好きな方やシンプルデザインのケトルが好きな方は重宝します
  • コーヒーは飲まない、容量が多いケトルが必要な方は他メーカーをおすすめします

実売価格で11000円〜12000円ほど

電気ケトルにしてはお高めな印象です

僕も最初は電気ケトルに1万円!?

って、思ったけど

 

使った人にはわかる納得の注ぎやすさがありました

 

嫁はん
嫁はん
買って良かったやろ?

 

ぽじぱぱ
ぽじぱぱ
コーヒー淹れるならこれじゃないとダメって感じ

 

その他のイイところ、残念だったところ
レビューしていきますね

先ずは使用後すぐに水漏れみたいな事になったので、そこからお知らせします

バルミューダのケトルが水漏れ?原因は安全機構でした

 

嫁はん
嫁はん
なんかいつも、ちょっとだけ水漏れしてるねんな

 

マジで?って事で、原因を調べてみました

 

結論 故障ではなく安全機構によるものだった

 

ぽじぱぱ
ぽじぱぱ
故障じゃなくて良かった

 

電源ベース側が濡れるのは安全機構が働いたから

水漏れっぽく見える状態の画像です

 

バルミューダ ケトル 水漏れ

こういう感じで濡れる事があります

本体の底から漏れ落ちたように見えますが水漏れではありませんでした

本体のスイッチ付近にある蒸気口から蒸気を逃してる

フタがしっかりと閉められていなかったり、本体を傾けすぎたり、水量が最大水量(0.6L)を超えて使用すると、お湯が漏れる場合があります。フタをしっかりと閉めて本体を傾けすぎたりせず、水量(0.2L〜0.6L)を守りご使用ください。また、正しく使っていても、まれにお湯が漏れているような状態になることがあります。

これはBALMUDA The Potが備えている安全機構によるものです。本製品は、本体内部の蒸気がパイプを通ることで沸騰を感知し、自動でスイッチがオフになる仕組みとなっています。室温や水温により蒸気量が多くなると、水分が凝縮した結露の状態となり、本体の下部のスイッチ部周辺にある蒸気口から排出される場合があります。

BALMUDA サポート

 

バルミューダ ケトル 本体底

本体の底にも蒸気を逃がす口があって、安全のために蒸気を逃がすと、水漏れみたいに見えちゃうワケ

 

購入してから早い段階で、水漏れ状態になったので焦りましたが、説明書にも故障では無いことが記載されてました

 

長女
長女
お父さん説明書ちゃんと見てよ〜

 

ぽじぱぱ
ぽじぱぱ
使う前に説明書をしっかり確認しなきゃいけないね

 

長女
長女
それでは、バルミューダケトルのレビューの続きです

バルミューダケトルの使用感!買って良かった点は?

注ぎやすさに感動したよ

毎朝は必ず、休日には午後もコーヒーを淹れるほどコーヒーが好きなんですが

今まで使ってきたケトルと比べると

 

嫁はん
嫁はん
注ぎやすさが
ケタ違いにイイ!

 

ぽじぱぱ
ぽじぱぱ
動画の方がわかりやすいので貼っときます

 

 

コーヒーを淹れる時って円を描くように
ゆっくりとやさしく注ぐんです

細長いお湯のスジが挽いたコーヒーへ
キレイに入ってますよね

これ、通常のケトルで淹れると
こうはいきません

動画のように細いお湯の柱で淹れようとしてもムリ
実はかなり難しいんですよ

理由は簡単です、バルミューダケトルみたいに注ぎ口が細くシャープな形状してないからね

 

バルミューダ ケトル 画像

 

バルミューダケトルは、簡単かつキレイにコーヒーを淹れる事ができちゃう!

毎日、使うものだから、注ぎやすさは重要なんです

注ぎ口が細くコーヒーを淹れるのがラクで快適

 

シンプルで洗練されたデザイン

 

バルミューダが選ばれる大きな理由に

魅力的なデザイン

 

このシンプルさに惹かれる方が多い

外観は洗練されたカタチです

 

バルミューダ ケトル 画像

 

子供が小さいころは、哺乳瓶の煮沸殺菌の為だったり

お湯を沸かす事が多かったので

容量が大きいケトルを重宝してました

 

バルミューダ ケトル 画像

 

子供が成長し、今はケトルに求めることが少し変わって

デザイン使いやすさになりました

スイッチのランプさえ気に入ってます

 

バルミューダ ケトル 画像

 

目安になる水量位置さえも内側にあるのです

 

バルミューダ ケトル 画像

 

シンプルなデザインが魅力的

 

バルミューダケトルの使用感!残念な点は?

毎日、使っていて

気になる点が2つあります

沸騰した直後の本体は注意!かなり熱くなる

 

嫁はん
嫁はん
たしかにめっちゃ熱い

 

ぽじぱぱ
ぽじぱぱ
注ぐ時は片手で扱うから
よっぽど大丈夫だろうけど

 

沸騰直後に誤って触れないよう、念の為に我が家では子供が届かない場所にケトルを置いてます

 

それと補足でもう一つ
フタをする時に気をつけることがあって

 

フタの蒸気口を横に向ける

 

バルミューダ ケトル フタの注意点 画像

 

バルミューダ ケトル フタの注意点 画像

 

これで沸騰直後に熱い蒸気が持ち手にかからない

やはり電源ベース側の濡れが気になる

 

嫁はん
嫁はん
故障では無いのはわかったけど
ちょっと気になる

 

次女
次女
お父さんが拭けば?

 

三女
三女
お父さんが拭きなさい!

 

ぽじぱぱ
ぽじぱぱ
おい!w

 

安全機構ってことで仕方無いですよね

 

こちらも人気の家電レビュー記事です

家庭用冷凍庫アレジア107L アイキャッチ画像
アレジア冷凍庫107lをレビュー!購入したら年間36000円の節約が可能!今回は食費を上手に節約するために買ってよかった家電のレビューです、冷凍庫は実際、節約になるか?アレジア107Lのよかったこと、ちょっと残念だったことをまとめてみました...

 

https://posipapa-blog.com/shampoo-review

バルミューダケトルのスペック

1回で沸かせる量は200ml〜600ml

 

0.2L以下の水量では空焚きになり、故障の原因になります

0.6L以上の水量ではお湯が溢れ、ヤケドの原因になります

 

 

バルミューダ ケトル 画像

 

使用してて、もっと容量が欲しいと思った事は、正直に言うとあります

でも、そんなの数回だけ!

 

コーヒーを淹れるのがメイン

 

バルミューダケトルの注ぎやすさを体験したら、他は考えられないって今は思ってます

 

ぽじぱぱ
ぽじぱぱ
大量にお湯がほしい時は
鍋を使えばいいのです

 

沸騰時間はどれくらい?

いつも、満水の600mlより少し少なめで沸かしてますが

沸騰までかかる時間は159秒

つまり2分39秒です

  1. 最初にケトルに水を入れてスイッチをON
  2. コーヒーカップを用意
  3. フィルターにコーヒー豆を入れる

そのころには、お湯が沸いてるって感じ

 

バルミューダ ケトル 画像

 

バルミューダケトルのスペック表を載せておきますね

 

製品仕様

本体寸法本体のみ : 幅 269mm × 奥行き 128mm × 高さ 170mm
電源ベース込み : 幅 269mm × 奥行き 142mm × 高さ 194mm
本体重量本体 : 約0.6kg
電源ベース : 約0.3kg
容量0.6L(リットル)
電源AC100V 50Hz/60Hz
定格消費電力1200W
電源コード長さ1.3m
素材本体:ステンレス フタ、取っ手:ポリプロピレン
安全機能空だき防止機能、自動電源OFF機能
沸騰時間の目安200ml 約1分半 / 600ml(満水時)約3分
*水温25度の場合の目安。使用環境により前後します。
保証期間お買い上げ日から1年間
パッケージ内容本体、フタ、電源ベース、取扱説明書(保証書付)
カラーブラック (型番 : K02A-BK、JANコード : 4560330117718)
ホワイト (型番 : K02A-WH、JANコード : 4560330117725)
クローム (型番 : K02A-CR、JANコード : 4560330119200)
生産地台湾、中国
本製品は日本国内専用です。海外での使用は保証および修理受付の対象外となりますのでご注意ください。

引用元  BALMUDA The Pot

 

バルミューダケトルのレビューまとめ

今回はバルミューダのケトルを使ってきた感想をまとめてみましたが

コーヒーを淹れるのに特化したような電気ケトルなので

  • コーヒーは飲まない
  • もっと容量が欲しい
  • 本体が熱くならないケトルがいい

って方には他メーカーをおすすめします

 

コーヒーを淹れる時の注ぎやすさはピカイチです

そんなケトルを求めるなら
注ぎやすさに感動すると思いますよ!

 

まとめ
  • なんといっても注ぎやすさが秀逸
  • デザインがシンプルでGood
  • 実売価格で12000円ほど
  • 1回で沸かせる量は200ml〜600ml
  • 安全機構が働き少し水濡れする時がある
  • 沸騰時は本体外側が熱くなるので注意

 

ぽじぱぱ
ぽじぱぱ
以上、バルミューダケトルのレビューでした